協賛企業様インタビュー

【協賛企業インタビュー】八西ホンダ様(Honda Cars八幡浜)

更新日:

 

昭和29年11月。
水内自転車店から始まり、今では地元の生活の足を支える世の中にはなくてはならないもの。
今回は株式会社八西ホンダ様(Honda Cars八幡浜)にお話を伺って参りました。

 

 

愛媛県八幡浜市松柏乙にある販売店にお邪魔すると、代表取締役を務めていらっしゃる水内大介さんがお出迎えして下さりました。
一目見ただけで分かる、とても物腰柔らかな方。
パッと明るい笑顔を浮かべている水内さんと対面すると、こちらの緊張の糸も一気に解けていきました。
早速お話をお伺いしようとしたら水内さまから第一声。
「プロジェクト頑張っていますね、何でも聞いて下さいね!」
お忙しい中、取材のお時間を頂いているにも関わらず水内さんの細やかなお気遣いに感服です。

 

自分に何ができるのか

お話しを進めていくと…
「うちの被害は少なかった方ですが、7月に発生した豪雨で当店のお客様のお車も20台以上が被害を受けたんですよ」
「大洲の系列店では会議室まで水が浸かってしまって、しばらくは片付けに追われており、その手伝いや支援物資の搬送をさせていただきました」
記者自身も豪雨が発生した際に、凄まじい勢いで迫りくる濁流の恐怖を目の当たりにしていましたが、やはり自分の知らない場所で大きな被害が出ているという事を改めて実感しました。

続けて水内さんは…
「お店の方の被害は少なく済んだけれども、地元の方のお車が使えなくなったという事の方が心配でしたね」
「地元の足を担う立場として自分に何かできないかを考え続けていました」
そう語った水内さんの表情は豪雨が発生した当時を思い出したように悔しさが滲んでいました。

 

 

「私たちが子どもの頃に楽しかった思い出は、その時を生きてきた地域の大人たちからプレゼントしてもらったモノばかりです。」
「笑顔打ち上げプロジェクトは、今を生きる大人たちが南予地方の子供たちにプレゼントする絶好の機会、優しい気持ちの結晶である笑顔の花火が大人になっても記憶として残って欲しい」
「だからこそ南予地方の子供たちに楽しい思い出をプレゼントするという”壮大””ピュア””粋””感動的”な企画に賛同させてもらいました。」
笑顔打ち上げプロジェクトを知り、このような言葉を私たちに贈って下さった水内さん。

更にお話を進めると
「花火大会って花火を見るのはもちろん楽しいのだけど、家族で一緒に会場に向かって一緒に帰る、その道中が子供の頃に好きだったのですよね。」
「大人になった今でも思い出せるノスタルジックな記憶、今の子供たちにもそんな思い出を沢山作ってもらえればなと思います。」

そうおっしゃった水内さんの顔は子供の頃を思い出したように素敵な笑顔に包まれていました。

 

 

お話しを伺いながら自身も大変な思いをしていたにも関わず、私たちの活動に共感し笑顔でご協賛依頼をお受けして下さった水内さん。
そして「人々の生活や個性に真心を傾け、車を通して地域の暮らしの活性化。人々を南予から未来へ結ぶことによって、豊かな人生を歩むためのカーライフをディーラーとして創造していきたい」という夢を語って頂きました。
このような素敵なお考えを持っている水内さんの株式会社八西ホンダでは従業員さま15名が地元の方々の足を支えており、現在でも募集中との事です。

 

 

大勢の方の優しい想いが詰まった打ち上げ花火。
その想いが子供たちへと届くよう最後まで奮闘して参ります。
この度は本当にご協賛・取材をお受けして頂き本当にありがとうございます!

 

株式会社八西ホンダ様(Honda Cars八幡浜)店舗ページ

僕たちが活躍を行っている笑顔打ち上げプロジェクトではプロジェクトメンバーを随時募集しています!

「できることあればやってみたいな!」
「がっつり関わることは難しいけど、もっと近くで活動を見てみたいな」
「イベント当日、実行側として達成感を味わいたい!」
「遠方に住んでるけど、サポートメンバーとして何かできることあれば!」などなど興味がある方は是非お気軽にご連絡下さい!

-協賛企業様インタビュー

Copyright© 笑顔打ち上げプロジェクト , 2019 All Rights Reserved.